お歳暮の渡し方について

お世話になった上司や先輩に対してお歳暮を贈るという風習は日本古来から存在するものです。

感謝の気持ちを伝えるためにも何か用意して渡すとよいでしょう。

金額の多寡にかかわらず、感謝の気持ちを相手に伝え、後の交際においてよい影響を与えてくれることは間違いありません。

お歳暮の品としてはビールや洗剤、食用油、コーヒーといった比較的日持ちする品を贈ると喜ばれやすいです。実際、デパートなどのお歳暮商品売り場にはそういった日持ちする商品が多数並んでいます。


店員の意見なども参考にしながら、贈る人に喜ばれると思われる商品をチョイスするのがよいでしょう。

お歳暮の通販にアクセスしてください。

相手のことを思い浮かべながら選んでいるとそれも楽しかったりするものです。



一つ問題になるのはお歳暮商品の渡し方です。
直接家を訪問して渡すというのが一番気持ちが伝わってよい方法なのですが、相手の都合もありますし、自分が行く手間という問題もあるでしょう。

せっかく訪問したのに留守だった、では悲しい気持ちになります。



ですので、宅急便で自宅に郵送するという方法をとるのがベストだといえるでしょう。


その際、簡単にでも構いませんので、自筆で感謝の言葉を書き、商品に添えるとよいでしょう。

デパートなどでお歳暮を購入した場合は包装紙のなかに手紙を封入してくれるサービスを提供しているところも少なくありません。
ちょっとしたアピールですが、自筆の手紙は想像以上にインパクトがあり、うれしいものです。