お歳暮に贈ると喜ばれる物と避ける物

年末が近づいてくると日頃からお世話になっている知人や上司などにお歳暮を贈るという人も多いと思いますが、何気なく贈っているお歳暮が本当に喜ばれているのかどうかが気になる所です。
相手の好みを知っていれば特に問題はありませんが、知らないうちに嫌いな物を贈っていてはせっかくの贈り物が台無しになってしまいます。


あくまでも、統計的な物になるので全ての人にあてはまるとは言えませんが、贈って喜ばれるお歳暮は、ハム・ソーセージなどの加工食品や食用油などの料理に関わる贈り物は全般的に喜ばれるようです。



その他には商品券やギフト券をはじめ昔はなかった、カタログタイプの商品選択型というのも人気があるようです。
相手の家族構成などがわかっているいるのであれば、適したお歳暮を贈るのも良いと言えます。

特にお子さんが小さいご家庭などの場合には、定番のビールやせっけんなどを贈るよりも、お菓子やジュース類などを贈ると喜ばれると思います。

気になる予算の話しになりますが、一般的には、相手に関わらず3000円~5000円程度の品物おくる事が多くなっています。



基本的にお返しのない事を前提としていますので、あまりにも高価な物は気をつかわせてしまう事も考えられるので避ける事が一般的になっています。

一方でお歳暮で贈ってはいけない物や状況によって避けるものもあります。

刃物の類は縁を切るにつながる事から、絶対に避けるものですし、現金や金券といった物を贈るのも先方がお金に苦しんでいるようなイメージにつながるので避けるべきものになります。



また、お茶やコーヒーをはじめ日本酒やビールなども相手が好むのであれば問題はありませんが、嫌っている人もいる可能性があることから不明な場合は、別の物で様子をうかがうのも一案だといえます。