お歳暮は喪中やどの程度の期間までに贈ればよいのか

お歳暮はお祝いの贈り物ではなくて、普段からお世話になっていることに対して感謝の気持ちを贈るものなので、送る側、または先方が喪中でもお歳暮を贈ることは差し支えはありません。
ただ、忌中や気になるときには事前にお断りをいれて先方の了解を得てから、時期をずらして寒中見舞いの形で送っても構いません。特に個人的な場合だと日ごろの感謝の気持ちが贈り物に反映されるため、誰に贈るかやいつまでに贈るかは人によって事情が違ってきますが、仲人や媒酌人などは一般的に最低3年間は贈ることが必要です。他にも日ごろお世話になっている主治医や稽古などの先生にも、お世話になっている期間は贈ることが多いようです。

幼稚園や学校、塾の先生や勤務先の上司などは贈る側の考え方によって違います。

何を送るかは実は難しく、つい贈る側の好みによりどこにも同じようなものを贈ることが多いよです。



ただ、お歳暮は自分の気持ちが相手に伝わって喜んでもらうことが本来の意味になります。例えば高額なお酒でもアルコールが飲めない人だとお酒を贈っても喜ばれません。

自分が好みのあげたいものを贈るのではなくて、相手の好みや家族構成、年齢や人数、季節などを考えながら予算にあった喜んでもらえるものを相手によって選んでいくことを心がけるのが大切です。



お歳暮として贈ったものとして多いのはハムやソーセージ、ビールに洋菓子、海苔や日本酒などです。


逆に貰いたいものは商品券やギフト券、ハムやソーセージ、ビール券やビール、食用油などがあります。