ビールはお歳暮の定番ではない

一年間、お世話になった相手に感謝の思いを込めて渡すお歳暮ですが、渡すものに関して非常に悩むこともあるでしょう。
一昔前だったらとりあえずビールを送っておけばいいという発想でも問題はありませんでした。しかし、現代ではその発想はもう通用しません。

まず、男女別での評価の違いです。



女性は、男性のようにビールをもらって喜ぶ人が少ないことが現状です。

特に若い世代、20代から30代の女性に関しては多くの人が、ビールをもらってもうれしくないと感じています。

そのため、この世代の女性にビールを送ったとしても全く喜んでもらえないどころか、むしろ嫌な思いをさせてしまうかもしれません。
せっかくの感謝の気持ちでも、相手が嫌がるものを渡してしまったら台無しです。


さらに女性だけでなく、若い男性もあまりビールを好まない人が増えてきています。



ビールや発泡酒が飲めないという若者は、女性だけでなく男性にも多く存在するため、もらったとしても飲むことができずに困っててしまう場合があります。


男性はビールが好きという先入観が通用しない時代になってきています。

そのため、お歳暮で安易な気持ちでビールを送ることは避けなければならないです。

逆に、最近の若者に渡すお歳暮の候補の一つに商品券があります。これならば、もらった人が商品を選ぶことができるので、失敗することはありません。



最近の事情をよく知ったうえでお歳暮を渡すことができるようにしましょう。