お歳暮で悩む人が多いこととは

お歳暮を贈る時、誰に・何を・どのような価格帯のものを贈れば良いか分からないという人も少なくはありません。

基本的には厳格に規則が決められているようなものではないので、日頃、お世話になっている人にその感謝の気持ちが伝わるようなものを選ぶようにすると良いでしょう。



最も多くの人が悩む事しては、何を贈れば良いのかということのようです。まず、金額の目安としては、3000円から5000円程度とされていますが、特別にお世話になったような人に対しては、1万円以上の品を贈る場合もあります。


高価過ぎる品については、相手に気をつかわせてしまう可能性がありますので、注意が必要でしょう。

お互いに負担にならないようにしましょう。

お歳暮を贈る際には、デパートの催事場や通販を利用して選ぶという人も多いようです。



お菓子や果物、肉、日用品など様々な品がありますが、選び方としては、相手の好みや家族構成を考慮すると良いでしょう。


相手の情報が少ないという場合には、保存のきく食品や日用品など誰もが使用するであろうもの、負担になりにくいものを選ぶと良いでしょう。


形として残るものではなく、使用することで形の無くなるものを選ぶということがお歳暮を選ぶ際のポイントとなるでしょう。
お歳暮の定番の品としては、小分けになったお菓子類、地方の名産品、保存のきく加工食品などがあります。



最近は特に若い世代では、贈られた側が品物を選択することが出来るカタログギフトも人気を集めているようです。