お中元お歳暮に関する常識

お中元、お歳暮はお世話になっている方々への感謝を伝えるために贈るものですが、贈る相手としては上司や恩師などといったように、主に目上の人が中心となることでしょう。

なので必要最低限贈る際の常識やマナーなどは知っておくべき事柄なので、ぜひおさえておきましょう。

最初に気になるのは、やはり肝心の贈り物のお値段の相場でしょう。



これはだいたい3千から5千円ほどが適切な相場であると思って差し支えありません。

目上の方に贈る場合でも5千円くらいで大丈夫です。

逆にあまり高すぎるのも考えもので、かえって相手に気をつかわせてしまいかねません。また贈る時期ですが、これはお中元とお歳暮ではそれぞれ違ってきます。



お中元ですと、7月上旬から7月中旬までに贈るのが一般的です。

中旬過ぎなら表書きを「熨斗」に、8月8日までに贈る場合は「暑中御見舞」、9月上旬までに贈る場合は「残暑御見舞」と書かれた表書きでそれぞれ対応しましょう。



そしてお歳暮を贈るタイミングは、12月上旬から12月25日が一般的となっております。


それ以降でお正月なら「お年賀」と書かれた表書きで、2月4日までに贈る場合は「寒中御見舞」の表書きで対応するとよいでしょう。

ちなみに、お中元やお歳暮をこちらが頂いた際のお返しは一般的にはしなくてもかまいませんが、そのままなにも言わないのはあまりよくありません。


ですので、電話やお手紙などで感謝の意は伝えるようにしましょう。